トルーパー・サバイバルガイド

提供: Japanese Garrison Databank
Jump to navigation Jump to search

本部サイト原文ページへのリンク

目次

トルーパー・サバイバルガイド

序文

501stリージョンへようこそ。君は世界最大のスター・ウォーズ帝国軍コスチューミング団体のメンバーになるために選ばれし者。おめでとう。このガイドは、君がリージョンに何を期待できるのか、そしてリージョンは君に何を期待したいのか、その理解の手助けとなる。この本は501stウェブサイトとフォーラムにて閲覧できる多くのツールと手順を改めて編集したもので、出来うる限り用例とスクリーンショットを含めるように努めたものである。

クリス・キューパーズ リージョン・コマンディング・オフィサー(2011)

TK/RC/SL-6247

501stリージョンの創始者、アルビン・ジョンソンからの手紙


「501st」の名前の由来の話は、大して注目に値する話ではない。私は、大きな数字で、かつ「1」で終わる、いかにも軍隊的な名前ににしたかった。また、モットーの中で使われるのであれば、韻を踏むナンバーにしたかった。第2次世界大戦の「Fighting SeaBees」というモットーが好きだからね。400か500、どちらもいいと思った。どちらも「F」で始まる数だから。そして500がキリのいい数字だからより良いと思った。「1」を足して501という数字はうまく作用した。唯一の懸念は、そのころリーバイスの501ジーンズがまだポピュラーであったことであり、その冗談に悩まされるリスクがあった。しかし幸運なことに、「ボタン・フライ・トルーパー」と呼ばれたのを耳に入れたのはたった一度きりだったよ!


「リージョン」という名前については、また別のストーリーがある。最初のウェブサイトは「監房区画2551」という名前で、仲間達が送ってくるストームトルーパーのアーマー写真を飾るためのシンプルで小さなGEOCITIES(無料ウェブサイトサービス)のサイトだった。そこで十分な人数を得た私達は、ただ笑いをとるために架空の軍隊ユニットを作るのがいいアイデアのように思えた。私の父は第2次世界大戦の空軍学校の卒業生で、私は戦闘機部隊のアイデアが好きだった。私はいつも彼の卒業記念本を何度も何度も通して見て、革のジャケットを着た小粋な笑顔の生意気なパイロットの写真を見るのが好きだった。しかしストームトルーパーは歩兵であるため、「戦隊」という言葉はしっくりこなかった。設立初期の頃は「スクアッド(チーム)」という名前に押し込めていた。私は、自分達は常に小さなホビー集団であると考えていたので、巨大なグループのように聞こえる名前より、小さなスケールの名前に固執した。しかしそれほど時間も立たぬうちに、明らかにスクアッド(チーム)の名前でいるには大きすぎる集団になった。


そして私はどんな言葉が使えるか考え始めたが、現代の部隊名に関して2つの問題が存在した。 最初に、私は、一定のサイズに我々を押し込めるユニット名を選びたくなかった。次に、我々は本物の連隊、大隊、その他だと喧伝することによって実在の軍隊に敬意を欠きたくなかった。私の解決方法は、ルーカスが常にしてきたこと:歴史資料を用いることだった。それはより不吉に聞こえるという長所があるだけでなく、時間の経過によって言葉の直観性を曖昧にしたのが良かった。私は古きローマ軍団のアイデアが気に入った。それは非常に古い語で、非常に優秀に聞こえた。そして、たとえ定数を持ったとしても、それは現代のコンテキストですぐに明らかな意味合いも持つものではなかった。私がROTJを改めて観たとき、パルパティーンが彼がエンドアに持つ2つの「素晴らしい軍団」に言及したのに気づき、私たちがスター・ウォーズユニバースに何がしかのルーツを持つことが分かった。問題は解決していたのだ!(リージョンが3桁の人数しかいない事実を除いてだが。最後のバトルにしてはふさわしい数字じゃない!私がいつも不思議に思うのは、なぜルーカスは旧三部作特別篇がトルーパーによって生産された多数のコンピュータの追加なしに作られたのだろうということだ。ぜひ明らかにしたいものだ。)


最後に、私は地域区分の名前が欲しかった。誰もがより大きなクラブに敬意を表するのなら、このクラブが長く続かないだろうということを、私は常に知っていた。結局、地域(活動)の設定が勝利した。独立心のある人々は自分たちを切り離し(活動し)たいからだ。それから、リージョンは確実な失効日がある。私はローマ帝国の占領モデルに立ち戻った。そして、 我々がリージョンが小さな小地球を占有しているフリを偽っているのだから 、私はギャリソンが領域を占有するためにつくられる地域ユニットだと説明できるのを感じた。 最初の3つのギャリソンはかなり単純だった。東、西、そして中央。しかし、 最初のギャリソンがそうであったが、米国のかなり大きな範囲に地図が拡大されるまで 、東部、南部、中央、中西部、南西部、北西部、海の向こう、ヨーロッパのギャリソンはギャリソンと呼ばれていなかった。察するとおり、これらのユニットが速くより実際的なユニットに分割されて、中央部(セントラル)と中西部(ミッドウェスト)が今日まで残っている。そして、南部がアウトポストとなったが、ギャリソン規模となっている今、おそらく名前だけそのままであるだろう。


スクアッドは、非常にローカルな方向付けの単位として復活した。 そして、デタッチメントという単語(タンティブIVに乗ってベイダーのスピーチから持ち上げられる)は、クラブ内で(キャラクター)テーマに軸を置くグループを記述するのに用いられた。 おそらく、ベイダーによってタトゥイーンの地表面に行かされるデタッチメントが主にサンドトルーパーで構成されていたので、デタッチメントが専門性を方向付けることは意味をなした。 アウトポスト(先遣隊)は、遠隔地域のために意味をなした。 ダントゥイン上のアウトポストはデタッチメントと同様にANHに記載があったので、また、我々は運よく三部作の単語からうまく用いることが出来た。


だいぶ分かったかな。501stリージョンの栄えある命名規則の歴史が。楽しむにはやや長文だけど、私は皆が眠ることなく十分楽しんでくれたと願うよ。


501stリージョンの架空の歴史については「リージョンの歴史」を参照してくれ。


アルビン・ジョンソン TK-210 501stリージョン創設者

501stリージョンの使命

別名「リージョン」「501st」「ベイダーズ・フィスト(ベイダーの拳)」として知られる501stリージョンは、ストームトルーパーとその他の帝国軍キャラクター、帝国軍とは関連性のない悪役や帝国住民に特化したコスチューミングを通じて、スター・ウォーズの世界を讃えるために身を捧げるスター・ウォーズファンクラブである。リージョンは、自らを運営する総体的なアイデンティティの下でコスチュームマニアを束ねる特別な目的のために組織された、全てがボランティアの団体である。リージョンは、良質なコスチュームの製作とそれを着用することを通じてスター・ウォーズに対する関心を進め、スター・ウォーズ関連のイベントのためにこれらのコスチュームの使用を容易にする。コスチュームを着てのチャリティとボランティア活動を通しての地域コミュニティへ貢献も同様である。

リージョンは、描写するキャラクターとコスチューム、そしてそれらの使用がルーカスフィルム社(LFL)によって広げられる特権であると認め、一切の権利を主張しない。リージョンメンバーは、コスチュームを着ている間、いつでもプロフェッショナルに、責任をもってスター・ウォーズ ブランドを代表するものと認識する。

組織構造

リージョンは以下のように組織されている:

  • リージョン
    • リージョン指揮スタッフ
      • リージョン・エグゼクティブ・オフィサー(副指揮官)
      • リージョン・スタッフ・オフィサー(管理スタッフ)
      • リージョン・コマンド・スタッフ(指揮スタッフ)
    • リージョン・カウンシル(評議会)
      • ギャリソン評議会代表とアウトポスト・リーダー
  • ギャリソンとスクアッド
    • ギャリソン・エグゼクティブ・オフィサー
    • ギャリソン・スタッフ・オフィサー
    • ギャリソン・スタッフ
  • アウトポスト
    • アウトポスト・リーダー
    • アウトポスト・スタッフ
  • デタッチメント
    • デタッチメント・エグゼクティブ・オフィサー
    • デタッチメント・スタッフ

リージョン指揮スタッフ

リージョン指揮スタッフは、501stリージョンの主要な管理およびマネージメントグループである。 その役割は下記の選挙で選ばれた役員によって成し遂げられている:

  • ファウンダー/創設者 (恒久的):TK-210 アルビン・ジョンソン
  • リージョン・コマンディング・オフィサー(LCO)- 一般のメンバーによって選ばれる
  • リージョン・エグゼクティブ・オフィサー(LXO)- LCOによって任命される
  • リージョン・メンバーシップ・オフィサー(LMO)- LCOによって任命される
  • リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード(LCOG) - LCOによって任命される
  • リージョン・パブリック・リレーションズ・オフィサー(LPRO)– LCOによって任命される
  • リージョン・マーチャンダイズ・アンド・ブランディング・オフィサー(LMBO)– LCOによって任命される
  • リージョン・ウェブマスター(LWM)- LCOによって任命される
  • リージョン・チャリティ・リプレゼンタティブ(LCR)- LCOによって任命される
  • その他のオフィサーとスタッフは必要と認められればLCOによって任命される

質問 回答

リージョン・オフィサーの役目は何ですか?メンバーの私をどう助けてくれますか?

LCO: リージョン・コマンディング・オフィサーは、リージョンの最上級役員であり、リージョンの管理オフィサーです。LCOは全体的にリージョンを調整して、議題をリージョンカウンシルに提示します。

LXO:任命されて、全ての任務についてLCOをアシストする。

LMO:コスチュームタイプ・キャラクターの裁定者に対して新規メンバーの認可をすることを含む全てのメンバーシップを担当する。LMOは、リージョンカウンシルと指揮スタッフの中で、メンバーシップ問題における主要な提唱者でもある。

LCOG:LCO、LXO、ギャリソン・コマンダーと協働し、地域レベルで解決が難しい問題の解決に当たる。

LPRO:リージョンの公の面に責任を持つ。出版物、メディアとポッドキャストを管理する。 LPROは、有名人、慈善事業、新聞とファン・グループとの関係に対して責任を持つ。

LMBO:クラブのマーチャンダイズ、501stの外部に対してのイメージ、ロゴ、素材関連において、501stリージョンのブランドを管理・維持する。また、501stブランドのマーチャンダイズの製作、セール、提供を監視、監督する。

LWM: リージョンウェブサイトとフォーラムをコーディネート、運営、維持する。

LCL:チャリティ団体との連携を調整、維持する。またチャリティイベント、その参加を組織運営化、ドキュメント化することにより、リージョンのチャリティ活動とギャリソンのチャリティ活動のPR(LPROのアシストとして)を調整、運営、維持する。


リージョン評議会(カウンシル)

リージョン評議会は主要な立法府で、リージョン・コマンダー、ギャリソン・コマンダーとエグゼクティブ・オフィサー(または第2議席に相当する被任命者)から成る。 各々のギャリソンには会議で2人の代表がいる。そして各々のアウトポストは1つの議席を持つ。

リージョン評議会の機能は、リージョン指揮体制の活動を彼らの地域メンバーに通知提供することである。

さらに、リージョン評議会はメンバーに発表する前に主要方針と憲章問題を議論する。

ギャリソン(駐屯隊)とアウトポスト(前哨隊)

ギャリソンとアウトポストは、地理的なロケーションの中でメンバーが集うローカルユニットである。They are responsible for ensuring that events are staffed etc. アウトポストはギャリソンを形成するのに十分でない地理的ロケーションに配置される。ギャリソンとアウトポストには、本部で選ばれた権限者(コマンディング・オフィサー)と彼/彼女に任命されたスタッフが配置される。ギャリソン・オフィサーは、以下から成り立つ:

  • コマンディング・オフィサー(GCOまたはCO) - ギャリソンまたはアウトポストのメンバーによって選ばれる
  • ギャリソン・エグゼクティブ・オフィサー(GXOまたはXO)- ギャリソン・コマンディング・オフィサーによって任命される
  • ギャリソン・メンバーシップ・リエゾン(GML) - ギャリソン・コマンディング・オフィサーによって任命される
  • ギャリソン・ウェブ・リエゾン(GWL) - ギャリソン・コマンディング・オフィサーによって任命される
  • ギャリソン・チャリティ・リエゾン(GCL) - ギャリソン・コマンディング・オフィサーによって任命される
  • ギャリソン・マーチャンダイジング・アンド・ブランディング・オフィサー(GMBO) - ギャリソン・コマンディング・オフィサーによって任命される
  • ギャリソン・パブリック・リレ-ションズ・オフィサー(GPRO) - ギャリソン・コマンディング・オフィサーによって任命される
  • その他のオフィサーとスタッフは必要とされればギャリソン・コマンディング・オフィサーによって任命される

質問 回答

ギャリソン・オフィサーの役目は何ですか?メンバーとしての私をどう助けてくれますか?

コマンディング・オフィサー:ギャリソンの活動とメンバーを調整する。

XO & SL: GCOをアシストし、部隊の活動とメンバーを調整する。

GML: 部隊レベルで新規メンバーの主要な連絡先となる。GMLは新規メンバー、もしくは既存メンバーの新コスチュームの審査を担当する。

GWL: メンバーシップ・プロフィール画像を管理、維持し、部隊のウェブサイト運営をアシストする。

GPRO, GMBO, GCL, GCOG, GWM: 地域レベルでのみリージョンの対応役職と同じ任務を遂行する。


スクアッド(分隊)

スクアッドは、大きなギャリソンの中で、部隊の管理を容易にしやすくするため、ギャリソン本体から地理的に分散化したメンバーの結びつきと享受のため、そのメンバーのトルーピングを可能にするため、ギャリソン本体のフォーラムの中で彼らを活性化するため、ギャリソンの中で楽しみの経験を増やすことを容易にするため、以上の場合において時折り形成されるユニットである。スクアッド・オフィサーは、以下から成りたつ:

  • スクアッド・リーダー(SL) – スクアッド・メンバーの中から選ばれる
  • スクアッドXO - スクアッド・リーダーにより任命される
  • その他のオフィサーとスタッフは必要とされればスクアッド・リーダーによって任命される

デタッチメント(特別分遣隊)

デタッチメント(特別分遣隊)はリージョンのコスチューミングユニットである。彼らの役割は、コスチュームへの理解、成型、加工にあたり、新旧コスチューマーを分け隔てなくアシストすることである。デタッチメント・リーダーと管理スタッフは、LMOとGMLが専門知識のカテゴリ内でコスチュームを理解が及んでいないか、あるいは誤解のある基本スタンダードをきちんと理解するのをアシストする。デタッチメント・オフィサーは、以下から成る:

  • デタッチメント・リーダー(DL) – デタッチメント・メンバーにより選ばれる
  • デタッチメント・エグゼクティブ・オフィサーまたはデタッチメント・リーダー補佐役(DXO) - デタッチメント・リーダーにより任命される
  • デタッチメント・パブリック・リレーションズ・オフィサー(DPRO) - デタッチメント・リーダーにより任命される
  • デタッチメント・キャプテン・オブ・ザ・ガード(DCOG) – デタッチメント・リーダーにより任命される
  • デタッチメント・ウェブ・マスター – デタッチメント・リーダーにより任命される
  • デタッチメント・フォーラム・モデレーター – デタッチメント・リーダーにより任命される
  • その他のオフィサーとスタッフは必要とされればデタッチメント・リーダーによって任命される

質問 回答

デタッチメント・リーダーの役割は?

デタッチメント・リーダーは、メンバーの特定のコスチュームのために正しい情報を見つける際、リージョン・メンバーシップ・オフィサーが彼らをアシストするのに連係してコスチューム・リファレンス・ライブラリーを促進し、コスチューム・レビューでギャリソン・メンバーシップ・オフィサーをアシストし、デタッチメント活動を調整、監督する。


名誉隊員とフレンド・オブ・ザ・リージョン(リージョンの友人)

名誉隊員 -- スター・ウォーズ・ユニバース/関連知的財産に貢献した、またはインパクトを与えたとして世界的に認知されているあらゆる個人。この名誉資格は一般的にライセンスを受けたスター・ウォーズ知的財産で働いた俳優、作家、製作クルー、製作コンセプトアーティスト、声優などに与えられる。

フレンド・オブ・ザ・リージョン(リージョンの友人)-- 複数のギャリソン/アウトポストを継続支援しているあらゆる個人またはグループ。この名誉資格は一般的にリージョンの複数の部隊と共に働き、定期的に支援している個人やグループに与えられる。

名誉隊員とフレンド・オブ・ザ・リージョンの完全一覧は名誉隊員のページで参照できます。

501stへの加入

どうスタートしたらいいの?

調査・研究

501stリージョンに加わるための準備の最初のステップは「調査・研究」である。君がまだ暗黒面の世界を旅する中でどのキャラクターを目指すか決めていない場合は、まずそれを決めておく必要がある。君が閲覧可能なWEBとスター・ウォーズ ユニバースの様々な本、コミック、映画、テレビシリーズ、には多くのリソースとツールがある。熟知しなければならない最初の3つのリソースは、リージョン・コスチューム・リファレンス・ライブラリー(CRL)、君の地域のギャリソン、そして君が作りたいコスチュームカテゴリの501stリージョンデタッチメントだ。

コスチューム・リファレンス・ライブラリ(CRL)は、リージョンのコスチュームとその構成の基本例をカテゴライズ&提供する鋭意継続中のプロジェクトである。CRLはリージョンのウェブサイト上でメンテナンスされる。こちらを参照。コスチューム・リファレンス・ライブラリ CRLについて言及されなければならない点は、常にその進捗についてたゆまぬ努力が行われており、全てのコスチュームが含まれているわけではないということである。だから最近のクローン・ウォーズTVシリーズの多くのクローンコマンダーが掲載されていないからと失望しないで欲しい。それらは将来承認されないということではなく、まだ誰も承認申請していないか、CRLがまだそのキャラクターを含んでいないだけである。しかし、君の最初の501stコスチュームとして新カテゴリのコスチュームを確立することは推奨されている。リージョンに加入する上でさらなる情報を入手するには コスチューミングFAQ(訳注:リンク切れ) を参照。

デタッチメントを介して、君は他のメンバーのコスチュームと製作スレッド(WIPスレッド。WIPはWork in progress=製作過程の略)を見ること、調査、コスチューム構成のソース参照、様々なコンポーネントの製作方法の学習、デタッチメントと連携している様々なアーマーメーカーのコンポーネントの加工方法の学習が出来る。デタッチメントと彼らがサポートするコスチュームリストは、付録に位置する。デタッチメントへのコンタクト情報も 501stデタッチメント一覧 から探すことが出来る。

Detachment_Card_Front.jpg

Detachment_Card_Back.jpg

地域の部隊のフォーラムに登録することで、君は地域の同じ関心を持つ仲間達と接触できるようになる。通常、ギャリソンは君のコスチューム製作をアシスト・指導するプログラムを持っている。ギャリソン・メンバーシップ・リエゾン(GML)は君がリージョンに承認される準備が整ったとき、君が最初にコンタクトする人となる。ギャリソンとアウトポストのリストは、付録に掲載されている。君の地域のギャリソンまたはアウトポストは リージョン・ワールド・マップ を参照。

どうやったら入隊出来るの?

君がコスチューム・リファレンス・ライブラリー(CRL)に掲載されているような、代表的なキャラクターのクオリティの高いコスチュームを既に所有しているのであれば、以下の手順に進むだけである。会費等は一切なく、年齢とコスチュームのクオリティだけが条件項目となる。501stは端的に言うと、楽しみであり、スター・ウォーズ サーガのキャラクターを讃えるファンによる、全てがボランティアのグループである。我々のミッションについてより詳しく知りたい場合は、リージョン憲章の第1条を参照。

入隊条件を満たしていますか?

君はスター・ウォーズの映画や、スピンオフなどスター・ウォーズ関連作品に公式に登場する悪役キャラクターのクオリティの高いコスチュームを所有しているか?注:反乱軍やジェダイのコスチュームである場合は501stの姉妹グループである、レベルリージョンに参加すべきである。

満18歳以上ですか?

注:市販されている『スター・ウォーズ』の衣装は、会員条件を満たさない場合がある!市販のコスチュームを購入する前に、加入予定のギャリソン・メンバーシップ・リエゾン、もしくはメンバーシップオフィサーに確認することをお勧めする。

How To Join

Apply Now



質問 回答

スクリーンアキュレートとは何ですか?

最近では単語である"スクリーンアキュレート"は非常に柔軟に解釈されている。このトピックでは2つの側面に解釈される。 ひとつは劇中に登場するものを忠実に再現したものとしてのスクリーンアキュレート、もうひとつは、詳細であったり職人的技量もしくは製作をさす。


質問 回答

キャノンとはどういう意味ですか?

用語としてのキャノンは、我々がスクリーン上でみたものと同様、ルーカスフィルムによる公式映像やメディアに登場するものであり、それ以外のスピンオフ等に見られるものではない。例を挙げるならば、主なシス卿のキャノンキャラクターはダース・シディアス、ダース・モール、ドゥークー伯爵や、ダース・ベイダーとなる。また、キャノンはテレビや映画で見られる、パーツにおいても同様である。キャノンとするには可能な限り、劇中で使用されているアイテムや衣装に近づけることだ。


申請

501stリージョン入隊申請フォームに記入しよう。記入された(英語のみ)個人情報は、自分のメンバープロフィールページ上で公開設定をした情報を除き、501stリージョンへの登録、および相互連絡のためにのみ使用され機密保持される。

リージョンIDの選択:リージョンID番号を選択する必要がある(4桁の数字で、まだ未使用のもの)。接頭辞の2文字はコスチュームを表したもので設定され、コスチュームによって異なる。例えば、TK-####はストームトルーパー、TB -####バイカースカウトになる。501stにおける各コスチュームの接頭辞2文字の指定に関する詳細については、コスチュームリファレンスライブラリを参照しよう。ID番号はいくつか(約5〜10)候補を用意し、コスチューム写真と合わせてGMLに提出することをお勧めする。

(訳注:現在4桁の枠は埋まり、5桁からの選択となっています。)

写真の準備

申請フォームの提出によって、501stリージョンのメンバーシップチームは入隊リクエストを認識する。君の地域のギャリソン・メンバーシップ・リエゾン(GML)から、君の入隊条件を満たす確認をするため、コスチュームの写真を提出するよう連絡がある。君の地域のGMLを認識するには501stリージョン・ギャリソン一覧ページを参照してほしい。

「無地の壁」を背景とした「君自身だけが映った」写真を提出しよう(イベント等での写真は使えない)。マスクを被った状態、脱いだ状態(該当する場合)の写真が必要だ。全身(頭から足元まで)コスチュームが確認でき、正面、背面、左右両側面から撮影した写真も必要。君のコスチュームの詳細を確認するため、明るい照明の元で撮影された高解像度の写真であると助かる。501stの組織構造に関する詳細な情報については、リージョン憲章第3条を参照してほしい。

高解像度写真について:高解像度設定のカメラで撮影された画像のこと。例として(8メガピクセルのカメラの場合)設定は800万画素もしくはファイン(FINE)にする必要がある。これは、約2448x3264ピクセルのイメージ画像となる。 1インチあたり300ドット。詳細については、カメラの製造元のマニュアルを参照してほしい。画像については明るすぎず、衣装の細部が鮮明に確認できる必要があります。


質問 回答

申請用の写真を撮影する際の注意点は?

明るい環境で、画素数の高いカメラで撮影するようにしましょう。スタジオを除く屋内での撮影では、写真の出来上がりが暗くなりやすく、細部を確認できないことがあります。


501stリージョン・メンバーシップ・オフィサーからの連絡を待ちましょう

もしあなたの申請が承認されたならば、Eメール経由で通知が届きます。あなたは割り当てられたリージョンIDを取得し、リージョンメンバーデータベースにおいて、あなたのレコードはアクティブ(ACTIVE)として記されます。501stは全てにおいて自発的な組織であり、申請のレビューには数週間かかるかもしれないことに注意してください。

もし会員資格を得るに不十分だった場合は、あなたの地元のGMLはあなたと一緒に働き、リージョンの必要条件を満たすため、推奨する修正方法やあなたのコスチューム品質向上を助ける有益な情報源を提供します。

あなたの501stコスチュームはプロらしく見えなければなりません。そして良質な工作作業、フィッティング、稼働性が必要です。あなたのコスチュームにソフトパーツ(材質)を含むならば、申請提出や公式リージョン写真撮影の前に、アイロンがけまたはドライクリーニングをするようにしてください。 忘れないでください。本物のコスチュームは映画のために作られたもので、時間の試練に耐えられません。すべての細部を模倣することは、あなたが決める範疇内にあるかもしれませんが、うまく着用できない可能性があります。 HDのスクリーンキャプチャと写真が利用できるようになるにつれて、部品はますます良くなり、衣装の制作はこれまで以上に簡単になりました。

スクリーン・アキュレートは、主にバイヤーを惹きつけるために、大規模なオークションサイトで最も頻繁に使われる用語です。ビルドの前にじっくり調べて、読んで、時間を取ることは、いつでも初めてボールを正しい方向に転がらせる良い方法です。忘れないでください・・・ゆっくり時間をかけてください。急ぐ必要はありません。

忘れないでください。501stは到達可能なレベルの基準を持つコスチューム団体です。あなたのコスチュームを次のレベルにすることは純粋に自身の選択です。コスチューム・リファレンス・ライブラリは、向上欲と献身の気持ちのある人は、自分が選んだ完全に正確なコスチュームを作成して着用できるという基準に基づいて作られています。CRL は達成不可能な基準ではありません。

完成したコスチュームを申請提出するときに、写真撮影を手伝ってくれる人がいれば、あなたのコスチュームに糸くずがなく、正しく着こなしていることを確認してもらえます。ルーカスフィルムのためにメジャーなイベントに加わる準備が整っていると思ってください。あなたのコスチュームと照明が最高に見えたら...そうなるでしょう。大抵GMLは、通常、正面、背面、左右の撮影画像を必要とします。

普通の立ちポーズで:これはアクションショットの時間ではありません。通常トルーピングするときはヘルメットを着用する必要があるでしょう。しかし申請写真の場合は、コスチューム着用で勝つヘルメットOFFの写真撮影を忘れないでください。ヘルメットを着用する必要があります。アドバイスがお役に立てれば!


質問 回答

コスチューム承認にどのくらい時間がかかりますか?

答えはいくつかの要素に基づきます。コスチュームが501stの基準に沿っていますか?Yes?ならばOK・・後はあなたのGML(ギャリソン・メンバーシップ・リエゾン)の現在の仕事量次第(例えば - 部隊で何着のコスチュームをチェックしなければならないか)。GMLが忙しくなくて調子が良ければ、24~72時間ほどで処理できるでしょう。しかし、大きなギャリソンになると2~4ヶ月かかることもあります。


遅延を引き起こす可能性のあるその他の要因は、リージョン・メンバーシップ・オフィサーによるコスチュームの承認です。リージョン・メンバーシップ・オフィサーは、全てのコスチュームについて最終判断をし、これまで承認のために申請提出されたことのない新規コスチュームを承認します。 GWL(Garrison Web Liaison)とプロフィール写真についても同じことが言えます。これらのオフィサー役は全てボランティアであり、常にギャリソンのために何かをしていることに留意してください。あなたの待機時間は変わる可能性があります。辛抱強くいてください。あなたのID番号を受け取る日が来ます。

メンバーシップ(会員)

リージョンとギャリソンは君に何を期待するか

さあ、君がメンバーになったところで、次は何をすればいいだろうか?最初にすること、その明らかな答えは外に出てトルーピングをすることだ。

501stリージョンのメンバーとして、あなたがキャリアを積む間、従うことに同意する礼儀作法の確かな原則がある。それらはかなり単純で 、それらルールが守られるならば 、君のトルーピング・キャリアは長く楽しめるものになるだろう。

アクティブなリージョンメンバーとして:

  • スター・ウォーズ™、501stリージョン、君のギャリソンを代表するつもりで振る舞おう

トルーピングしているときの君の目標は、上品かつプロフェッショナルなマナーでキャラクターを演じ、楽しみと驚きを公衆の人々と他のファン団体・組織に広げることである。

  • リージョンのプロフィールを管理しよう

君のプロフィールは世界に公表発信する君の「顔」となり、連絡先情報とギャリソンとリージョンスタッフのためにコスチューム情報を提供する。メンバーとして、君はプロフィールの維持を通常10月に催されるオンライン年次調査の間、正確、かつ完全であるように求められる。

  • こまめに連絡を取り合おう

連絡を取り合っているかどうかは、通常ギャリソンまたはアウトポストのフォーラムへの参加やトルーピング・イベントに参加しているかモニタリングされながら管理される。

  • リージョン年次調査に参加しよう
  • 選挙、投票に参加しよう

リージョンのアクティブメンバー資格者として、リージョン、ギャリソン、スクアッド、デタッチメントの運営に関する選挙・投票に参加すること。 どんな民主主義的参加も鍵となる。 君は地域のフォーラム、リージョンフォーラムと君のデタッチメントフォーラムに参加することを奨励される。

  • リージョン、ギャリソン、スクアッド、またはデタッチメントの役員を務める資格

いくつかの職位は上記で概説したように選挙で選ばれるが、スタッフ職に任命されることを通じて、リージョンとメンバーへの公共奉仕、チャリティ活動、君の仲間やリージョン加入に関心を持つ人々への指導と援助など、多くの機会がある。

  • 501stリージョンの携帯品やマーチャンダイズの製作資格、および獲得する資格
  • 我々は瞬時に堅く結ばれた熱烈なスター・ウォーズ™ファンの「家族」

どんな家族でも、政治、意見の相違、喧嘩と緊張がある。 君は隊員として「我々全ては、プラスチックとスパンデックス(ポリウレタン合成繊維)の衣裳で人前で散歩に出かけている大人である」のを時々思い出す必要があるかもしれない。 君はあらゆる点で、仲間のリージョンメンバーを尊敬と礼儀をもって遇することを期待される。

いつでも重要なのは、なぜリージョンに加わったのかを思い出すこと、そしてリージョンでのキャリアを積む間、君の理由と目標は必ずしも君の仲間と同一でなく、尊敬と誠実さが楽しみや充足感を達成するための鍵であることを認識することである。

年次調査

君はリージョンとギャリソンもしくはスクアッドに何を期待できるか

501st リージョンは包括的に機会均等のファンクラブであり、性別、人種、性的嗜好、宗教、体の特徴を理由にする差別を許容しない。メンバーシップの唯一の条件は、映画またはその拡張された世界が供給する、スター・ウォーズ から帝国(暗黒面)キャラクターを賛美する、忠実、完全、かつプロフェッショナルで良質な、着用可能なコスチュームの「所有」である。

入会と同時に、メンバーは「A New Hope(新たなる希望)」に登場したTK-421ストームトルーパーキャラクターの慣習に則って、固有の4桁識別番号を割り当てられる。この数の先頭につくのは、メンバーのコスチュームを意味する2文字の接頭辞コードである。接頭辞コードと彼らが特定するコスチュームは下記に記載する。(訳注:記載されてないのに憲章の文章がそのまま残ってる)まだ複数のコスチュームを所有しているメンバーは、1識別番号だけを持つが、適用できるどんな接頭辞コードでも使用できる。識別番号はリージョン・メンバーシップ・オフィサーによって管理され、永久に割り当てられます。メンバーがリザーブ(予備役)またはリタイア(引退)のステータスに変わるならば、そのメンバーがアクティブのステータスに戻るまでの間、彼らのナンバーは引退となる。

リージョン(軍団)

リージョン指揮体制は、リージョンの国際的な「顔」である。 地域のギャリソンと隊員をそのコーディネート面において援助し、地域の境界を越えるイベントとプロジェクトを管理するために存在する。リージョン指揮体制は、リージョンの焦点課題と任務を管理する役割を果たす。


リージョン憲章第1条より

「リージョンは、その運営方法において集団的なアイデンティティの下でコスチュームファンをまとめる明確な目的のために作られた、全ての面において自発的な組織である。リージョンは、良質なコスチュームの製作と着用を通してスター・ウォーズに対する関心を促し、コスチュームを着る慈善活動やボランティア活動を通してスター・ウォーズ 関連のイベントや地域コミュニティへの貢献に、これらのコスチュームの使用を促進する。」


  • スター・ウォーズへの興味を促す

人々はますますたくさんスター・ウォーズファンダムの再覚醒を経験している。新世代の人々はジョージ・ルーカスの現代的な神話への情熱を讃える方法を模索している。501stリージョンはこれらのファンと一緒にスター・ウォーズ・サーガの寿命の補強をもたらす。

  • コスチューミングの楽しさを普及させる

一部のファンは、アクションフィギュアを収集するだけで満足している・・・他のファンは、アクションフィギュア(そのもの)でありたい。 君自身の、クラシック スター・ウォーズの悪役の細部にこだわったコスチューム・レプリカを造ること以外には君の情熱を表明する方法はなく、現実の世界にスター・ウォーズのキャラクターを登場させ、魔法の世界を他の人とと共有することで得られる感覚が味わえるものは、他には何もない。

  • コミュニティに貢献する

リージョンは同じ興味を持つコスチュームファンを包括するアイデンティティの単純に提供するために作られた。501stは自身のリソースを基金活動、慈善事業、ボランティアイズムの良き利用のために提供することを誇りにする。

リージョンはメンバーなしには存在しえない。リージョンが君に求めるのは、君がリージョンにもたらした情熱を維持し、アクティブであり続け、プロ意識をもって地域のギャリソンに参加し、リージョンの仲間達に尊敬の念を向けながらリージョンの任務を支えること、これが全てだ。リージョンが総合的に自発的な組織であるため、リージョンの任務を支え、促進するのを助けるために才能を利用するよう、君は頼まれるかもしれない。 以上で概説したように、リージョンの中ではリージョン、地域のギャリソン、地域のコミュニティに奉仕する機会がたくさんある。

ギャリソン、スクアッド、アウトポスト

ギャリソン、スクアッド、アウトポストはリージョンの地域の支部である。ギャリソンとアウトポストは通常地域の境界線に沿って配置される。スクアッドはギャリソンの分隊ユニット。ギャリソン/アウトポストはリージョンの中で君の主要なユニットとなり、君の地域にスクアッドがあれば、その加入も選択する場合がある。

ギャリソンの構造は、CO、XO、GML、GWL、GPROなどにおいて、リージョンの構造と良く似ている。そして彼らの役割は、リージョンレベルと同一で、彼らの地域のみにフォーカスしている。

スクアッドは地域の中でギャリソンが管理する分隊ユニットで、ギャリソンの中で、地理的な大きさを持つか、メンバー所在が高密度に集中している場所か、どちらかの理由で存在する。スクアッドは、ギャリソンの指揮スタッフの一員であり、ギャリソンに報告する役目を持つスクアッドリーダーに率いられる。

アウトポストはギャリソンと良く似ているが、ギャリソンを形成するのに十分なメンバーが揃わない地域にある。通常、アウトポストは彼らの地域の任務管理を行うCOのみを保有する。これらのユニットはリージョンの任務を促進し、リージョンメンバーとして君の目標を支援する。ギャリソン指揮体制は、彼らの地域レベルにおいて、組織化、イベントのコーディネート、リージョンのPRに責任を持つ。君は敬意をもって扱われる活発な隊員として、必要に応じてギャリソンでサポート役をつとめ、君のギャリソンの地域のイベントと活動について、直接的、またはギャリソンフォーラムを通じてギャリソン指揮体制に定期的に連絡するよう求められる。君はリージョンレベルで議論されているリージョンレベル活動と問題に関して、最新知識を持っていることを期待される。

しかし、君のメンバーシップはリージョンの中にある。ギャリソンとアウトポストは、リージョン憲章、リージョンカウンシル決議、またはリージョンコマンド方針によって確立されたルールと対立、またはより制限的である地域の独自規則または法規を制定してはならない。君が地域の指揮体制に不公平に取り扱われていると感じるならば、君はリージョン指揮体制がそれに気づくために、リージョン・メンバーシップ・オフィサー、キャプテン・オブ・ザ・ガード、または直接リージョン・コマンディング・オフィサーかリージョン・エグゼクティブ・オフィサーに懸案を持ち込む権利と責任を所持している。

デタッチメント(特別分遣隊)


リージョン憲章 第3条より:

「リージョンの総体的なコスチューム・レパートリーで含まれるコスチュームの多様性があれば、リージョンのCRLで特定のコスチューム・カテゴリーの品質と認識を改善するために、デタッチメントと呼ばれる特別なテーマを与えられたユニットが作られる場合がある。 これらのユニットは、リージョン内外のコスチューマーのための資源として用いられる。 したがって、彼らのウェブサイトとフォーラムは、公的で501stメンバー限定エリアを含む場合がある。…」


デタッチメントはリージョンの非管理サブユニットである。選挙で選ばれるデタッチメント・リーダーと一般的にデタッチメントXO、マーチャンダイジング・オフィサー、ウェブマスター、場合によってはアーマー製造者のように、リージョンに類似した指揮構造がある。

デタッチメントは仮想のユニットであり、物理的、地理的な境界線を持たない。デタッチメントは、リージョンメンバーと一般の人々に、501stリージョンの承認につながる方法でコスチュームを入手、製作する過程において、調査、議論、サポート探しの場所を提供する。デタッチメントはまた、申請コスチュームの正確さと品質を確実なものにするのを助けるため、メンバーシップ申請の評価において、リージョン・メンバーシップ・オフィサーとギャリソン・メンバーシップ・オフィサーを援護する。

デタッチメントは、メンバーシップ承認、コスチューム申請承認、コスチュームがリージョンメンバー資格があるかどうかの方針設定はしない。 しかし特定のコスチューム申請に関して、リージョン・メンバーシップ・オフィサーとギャリソン・メンバーシップ・オフィサーにアドバイスを与えるために、彼らはしばしば仕事を課される。

デタッチメントは、デタッチメントまたは501st関連のマーチャンダイズを生産・提供するための501st専用セクションを彼らのフォーラム内に持つ場合がある。

トルーピング

トルーピング・ガイド

さあ、君は自身のアーマーを手に入れて、最初のトルーピング、または100回目のトルーピングの準備が整ったわけだ。以下は501stリージョンの君の仲間からの知恵の詰まった言葉の集まりだ。それはリージョンフォーラムならびに個人の経験に関して多くの投稿から編集された。そして、逸話は数年にわたって聞いたものだ。

501stリージョンのトルーピングにはたくさんの理由がある。何かのために注意を引くため、プロモーション出演、チャリティの基金活動のアシスト、そして純粋に楽しい時間を過ごすため。

通常、キャノンとノン・キャノンの2種類のイベントに大別される。キャノン・イベントとはリクエストするイベント・オーガナイザーが特定のグループのキャラクターを必要とするイベントだ。通常キャノン・イベントとは、旧三部作、新三部作(クローン・ウォーズ)、アニメシリーズのクローン・ウォーズのイベントだ。

  • オリジナル・トリロジー(旧三部作)のイベントでは、スクリーン・アキュレートな旧三部作キャラクターのみが参加を許される
  • プリークエル(新三部作)の「キャノン」イベントでは、スクリーンアキュレートな映画またはテレビシリーズのクローン・ウォーズ時のコスチュームのみが参加を許される。
  • アニメシリーズのキャノン・イベントは、クローン・ウォーズ時代のスクリーン・アキュレートのコスチュームだけが認められるキャラクターである。通常、クローン・ウォーズ アニメシリーズのイベントスポンサーは特定のキャラクタータイプをリクエストする。君のCOもしくはイベントコーディネーターは、アニメシリーズのキャノンイベントのためにイベントスポンサーから示された必要条件を提示するだろう。

ノン・キャノンイベントはその他全てを指す。パレード、病院慰問、パーティ、コンベンションなど。501stリージョンが参加するイベントの大半はノン・キャノンイベントである。イベントスポンサーは特定のキャラクターをリクエストする場合があり、イベント・スポンサーからのキャラクター制限の特定要請がない場合、すべてのキャラクターは、ノン・キャノンイベントとしの参加資格がある。

スクリーン・アキュレートとは、加工を施さないアーマーで、独自カスタマイズの彩色スキームを持たず、(スクリーンに存在しない)バッジや肩パッドがなく、明確な識別番号やタグをアーマーにつけていないものを指す。EU(拡張世界)のキャラクターにおける特別な注意書き:拡張世界のキャラクターとは、映画やテレビのリソースではなく、例えば小説、コミック、グラフィック小説、ビデオゲームなどに登場するキャラクターである。いくつかの拡張世界のキャラクターはイベントスポンサーのリクエストにより出演対象外にされる場合がある。

特定のコスチュームがイベントには不適当であるという懸念がイベント・コーディネーターにあるならば、イベント・コーディネーターは確認のためにキャラクターの写真をイベント・スポンサーに提供しなければならない。

どうトルーパー部隊が組織化されるか: トルーピングの機会は、公式、非公式両方とも数種類の情報ソースから届く。

公式のトルーピングはギャリソンもしくはスクアッドの指揮でしばしば発生する。リージョンの出演依頼ウェブページを通じての依頼、個人・組織から指揮スタッフへの直接要請、またはリージョン自体の直接要請、リージョン自体が運営するイベントから、イベント依頼は成立する。

地域イベントとは、1つまたは複数のギャリソン、スクアッド、アウトポスト、もしくは個人参加のメンバーで組織されるイベントである。基本的には、メンバーの地域レベルであらゆるイベントが生じ、パレード、基金調達のイベント、コンベンション、劇場出演、などを含みます。そして、インフォーマルイベントはノン・キャノンイベントです。「特別分隊」、例えばアラバマ・ギャリソンの「赤い雨(レッド・レイン)」、拡張世界キャラクター、(シーンに登場しない)装飾品は通常許可されます。

  • フォーマル・イベント: フォーマルは必ずしも「キャノン」を意味するわけではなく、イベントスポンサーが特殊な追加衣裳のない伝統的な衣裳での登場を願うフォーマルイベントである。他の言い方をすれば「特別なスクアッド」、例えばアラバマ・ギャリソンの「レッド・レイン」(彼らはサンドトルーパーに見えるが、ノン・キャノンの肩パッドとカラーリングを施している)はスポンサーからまだ許可を得られる。しかし「フェム・トルーパー」と「キルテッド・トルーパー」は許可は得られない。不確かであれば、イベントコーディネーターと相応の地位の人物に確認すること。
  • インフォーマル・イベント: 楽しもう。キルテッド・トルーパー(訳注:キルトスカート衣裳を合わせるトルーパー)、フェム・トルーパー(キャノンであるレガシー・フェム・トルーパーを除く)、サンタ帽、妖精の帽子、ビーズ装飾、ゾンビ・トルーパー、などなど。 すべてはテイストの範囲内で許される。健闘を祈る。

Alabama_RED_Rain_1.jpg
アラバマ・ギャリソンの「レッド・レイン(赤い雨)」(フォーマルなノン・キャノン)

リージョン・イベントは、カートゥーン・ネットワークのクローン・ウォーズテレビシリーズのイベントや、DKパプリッシングのスター・ウォーズ書籍発売記念イベントや、複数のギャリソンに波及し、コーディネートを必要とされる国家的イベントなど、通常、複数のギャリソンまたは大きな地域にまたがる国家的、国際的PRイベントのことであり、(該当する)ギャリソン指揮スタッフによって地域的にコーディネートされる。しばしばイベントの最終的な詳細はトルーピングの2、3日前まで調整され続けている。君が物事が少し漠然としていると思っても意気消沈しないで欲しい。

大半のトルーピングは、通常ギャリソンのWEBフォーラムに投稿される。リクエストをするオーガナイザーから特別な条件を求められる場合もある。ベイダー1名、ストームトルーパー6名、夕方5時30分集合、6時30分から9時まで・・・など。もしくは、イベントはギャリソンが集めることができるのと同程度の数の一般的な需要である。 君のギャリソン指揮スタッフはイベントの全必要条件を掲載しなくてはならない。

通常、新規のイベントでは、ギャリソンスタッフかイベントリーダーが募集トピックを立てる。そのイベントでトルーピングをすることに興味があるか、君がレスポンスを返すためにも重要だ。募集トピックはギャリソン指揮スタッフが部隊のトルーピング参加が可能かどうか決定するために使われる。もし、ギャリソンメンバーの参加希望が少数か、全く希望表明がない場合は、スタッフはイベント出演要請を断り、イベントリクエスト担当者に、501stリージョンが今回は参加出来ない旨を伝える。十分な関心があるならば、通常、スタッフはあなたがイベントに間違いなくトルーピング参加出来るか確認する。ここで重要事項:君がイベントをするつもりがないならば、イベント運営に関わらないように! 逆に言えば、あなたがイベントをすることに専念するならば、出席するためにあらゆる努力をしよう。我々は皆、物事が突然起こること、君が出席するのを妨げるかもしれない思いがけない非常事態が起こることがあるということを知っている。しかし一度委ねられれば、リージョンとギャリソンの評判の行方は、参加確実なトルーパーをイベントに提供することで(後戻り出来ない)線上にたどり着いたも同然なのである。

規範を知ろう

トルーピングは、楽しみと価値ある経験を意図している。それは、コスチュームの構築と創造、スター・ウォーズ キャラクターとしての人物的に進化することを通じて、クリエイティブな表現の手段を与えてくれる。大事なことは、我らは全員スター・ウォーズ ユニバースを楽しむために公衆の前で代表しているが、コスチュームを着ている間はずっとプロフェッショナルなマナーで振舞わなければならないということである。リージョンのコード・オブ・コンダクト(行動規範)はキャラクターを演じているときと、501stコミュニティの一員としてのふるまいについてのガイドラインである。

トルーピング前の説明

トルーピングの前に、君は全て準備万端か確認する必要がある。消耗、ほこり、汚れ、こすり傷その他を探すこと。きれいにし、必要に応じ磨くこと。予備の電池、飲料水、補修材など、いつも君のキットの基本的な確認をしよう。初めてのトルーピングの前には試着してみよう。ぶらぶら歩いてみて、階段を登ってみるなどしよう。君はそこがフィットしていて、どこがフィットしていないかすばやく見つけるだろう。そして、「アーマーが噛む(armor bite)」という言葉の意味が分かるようになるだろう。

役立つヒント

  • 梱包リストを作成しましょう。ラミネート加工して、アーマーケースに保管しましょう。
  • 前日にアーマーをチェックしましょう。(必要があれば補修を行う)
  • いつも集合場所を印刷、またはメモしておきましょう。
  • 仲間のトルーパー同士で携帯電話番号を共有しておきましょう。
  • 足の疲れに気をつけましょう。長時間のトルーピングにはインソールを着用しましょう。
  • 補修キットを確認しましょう。なくなるものは補充しておきましょう。

覚えておくように:長くアーマーを着ているほど、より暑くなる。 自宅の15分間のアーマー着用テストと、2時間トルーピングすることを同じに考えてはいけない。空調付きの場所でさえ暑さは問題でありえる。

黒い消えにくいマーカーか、その他のはがれにくいラベルを使う方法で、君のアーマーの全てのパーツの内側に、TKナンバーを目立ちすぎない程度に記しておこう。もし君がイベントでパーツを落とすか梱包中に何か入れ忘れるような場合、仲間から戻ってくる確率が増えるだろう。

君が特別な薬を服用しているか、アレルギー反応により特別な薬を必要とするならば、必ず君の周囲にそれらを共有するようにして、どこに薬がしまってあるか、そして緊急時にはどのようにそれを管理するべきかを彼らに知らせよう。そして彼らに危険を示すサインを知らせよう。

トルーピング

トルーピングこそが我々の存在理由であり、重要なことは自身が楽しみ、観衆を喜ばせ、そして安全で健康に留意することだ。 トルーピング中には、熱疲労と低体温症という2つの見落としがちな潜在的危険性がある。熱疲労は体温の上昇により発生し、自然冷却では体温を下げることが難しくなりうる。熱疲労や熱中症の症状、治療についての詳細は、サイドバーを参照してほしい。 トルーパーにとって熱疲労と共通に危険なのは低体温症であり、寒い気候下でのパレードや、汗や雨で濡れた体が冷たい風にさらされるような環境での屋外イベントで発生する。低体温症の症状や治療はサイドバーを参照してほしい。

会場には早めに到着しよう

イベント会場には、参加リージョンメンバーの仲間とイベントコーディネーターとともに会場入りするようにしよう。 会場に一番早く到着した場合は、イベントのスポンサーと一緒に会場入りするか、集合場所を確認しよう。 可能であれば、アーマーを着用する前に、トルーピング予定の場所の障害物や階段などを下見をするようにしよう。

  • アーマーを着用する前にトイレに行っておくこと
  • 風邪を引いていたり、倦怠感、疲労感、特別な病状がある場合はトルーピングをしないこと

水分補給は重要

トルーピングを行うにあたり、十分な食料と水分を摂取しているか自身で確認しよう。(特にトルーピング経験が浅いものにとっては非常に体力を消耗するものである) アーマーの性質やトルーピングイベントは、非常に多くの負荷を与えるものである。 頻繁に休憩を取って、十分な水分補給を取れるようにしよう。 休憩中、喉の渇きがなかったとしても脱水症状になり得るので、可能な限り水分補給はまめにすること。 適温な環境下であっても、少ない休憩時間や水分不足は熱中症やその他の病気を引き起こす原因となる。

熱疲労と熱射病

熱疲労: 熱疲労は、多量発汗、頻脈、発熱等を含んだ症状である。これは熱に関連する3つの症候群のひとつであり、熱けいれんは、熱射病のなかでも最も危険とされている。

熱疲労の原因は、高温で特に高湿度との組み合わせの環境下における激しい運動によるものである。 迅速な治療がなされなければ、熱中症は生命にかかわることもある。 [1]

熱疲労の徴候や症状は突然発症する可能性があり、数日後に発症する可能性もある。 熱疲労・熱中症の主な兆候・症状:

  • 高温下であるにも拘らず、皮膚が冷たく、鳥肌が立つ
  • 重発汗
  • 脱力感
  • 目まい
  • 疲労感
  • 弱頻脈
  • たちくらみ
  • 筋肉の痙攣
  • 吐き気
  • 頭痛

熱射病(熱中症):熱射病(熱中症)は、体の温度が104 Fを(40℃)以上に達した場合に発生し、命にかかわる状態である。 熱中症は、激しい運動、または体温を上昇させる諸々の条件により、高温環境によって発症する。

熱中症は他の2つの熱に関連する熱けいれん、熱疲労の症状をエスカレートさせる:医師の診察を受けたり、異常を感じたら即座にセルフケアを行うことで熱中症を防ぐことができます。[2]

熱射病の症状:

  • 高体温 (40℃)以上の体温は熱中症の主な兆候です。
  • 無発汗 高温下による熱中症では、肌は熱く、触れると乾いた感じになります。しかし、激しい運動(トルーピング)後は、汗をかいていて水分があると勘違いしやすいので注意。
  • 肌の紅潮化 体温が上昇すると肌が赤色にすることがあります。
  • 過呼吸 呼吸が急速に浅くなることがあります。
  • 心拍数 と強い鼓動(もしくは頻脈)
  • 頭痛 ズキズキとした痛み。
  • 神経学的症状 幻覚や意識を失うような発作の可能性があります。
  • ろれつがまわらない、または人が何を話しているのかわからない。
  • 筋肉のけいれんや痛み 初期段階では痙攣や痛みを感じるが、しばらくすると筋肉が硬直し足を引きずるようになる。


熱中症や熱疲労の予防

  • 休憩をこまめにとる
  • 水分を欠かさない:トルーピングの前後に多くの水分を取ること。水と"スポーツ飲料"は、脱水症状を避けるために有効。 アルコールや炭酸飲料は、脱水症状を悪化させることがあるので避ける必要がある。
  • 聴く:上記の熱中症のひとつに、注意を聞かないことが挙げられる。体内で熱中症の症状が進行していることに気づかない可能性がある。なので、サポーター/ハンドラーの言うことに耳を傾け、彼らが「休憩を」と言えば、それに従い休憩をとるようにしよう。休め
  • ヒーローになろうとしない(無茶をしない):もし、熱中症等の症状が現れ始めた場合は、例えパレード最中であっても、姿を一時的に隠せる場所がなかった場合でも、イベントリーダーに助けを求め、即座に列から外れて、日陰を見つけて座り、マスクを外して水を飲み休憩しよう。あなたが公共の面前で倒れてしまうよりも、キャラクターイメージが壊れたほうがはるかにマシだ。

トルーピングにおけるエチケット

  • 常にストームトルーパーとして求められる行動をし、一般の方が嫌がるような行為は強制しないこと(捕虜や囚人のようにすることなど・・・)
  • 子供には十分気をつけること。子供は小さく、我々の視界に入りにくい。事故だとしても子供を怪我させたくはないはずです。
  • 礼儀正しくあること。
  • 一般の方から何かを求められた場合、それが何かわからない時はオフィサーに任せること。勝手に独自判断をしないこと。
  • 常日頃から所属部隊、リージョン本部のWebサイトを参照しておくこと。
  • 注意:我々は何も販売をしていない!!!自分達でコスチュームを作成している。
  • 決して単独でトルーピングはしないこと!必ず友人等と一緒に!(自分の在籍エリアにメンバーがいない場合に限り)
  • 何の見返りも期待してはならない!無料駐車場、食事、ギフト等、時に先方からの申し出があるが、こちらから期待してはならない。
  • 休憩を適宜取るようにすること。
  • 常に周りの環境に気を配り、気をつけること。

あなた自身がアーマーを身に着けていて、且つサポートメンバーがいなかったとしても、仲間のトルーパーに気を配り、もし仲間が一般の方になじられているような困難な状況下であった場合は、、サポートメンバーに頼むか、あなた自身が慎重に間に入るなどして、その状況を改善する。

  • 常に壁を背にするようにしよう(怪しい人物を気にしなくていいように)。中にはあなたの正面に友人を立たせ、あなたの背後から忍び寄りデトネーターやブラスターを取り上げようとする輩もいるからだ。(そうされることでベルト全体が破損してしまうこともある)
  • 熱狂的なファンにも気をつけよう。。。彼らはあなたのアーマーにとって脅威となりえる。異常なまでのハグは、アーマーを着ているものにとって非常に痛いものである。

トルーピングにおける心身障がい者への接し方


  • 誰であろうと敬意をもってやさしく接すること。
  • 強要しないこと。もし彼らがあなたと戯れたいと思わないようなら、さっとどこかへ移りましょう。"Move along, move along" (これはコスチューム着用中に出会った誰に対しても同様です)
  • 障害に対し、過敏に反応しないこと。
  • 可能ならば彼らの目線まで屈み、「いないいないばぁ」のような遊びをしよう。
  • 彼らがあなたと話したいようであれば辛抱強く、時間をかけて接しましょう。
  • フレンドリーに明るく振舞いましょう。

ハンドラー

サポートメンバーや帝国軍サポートスタッフは、トルーピングを成功させる上で非常に重要です。 彼らはトルーパーたちの目となり、耳となるのです。全員を安全に、且つ時間通りに事故が無いよう見守ることが役割です。 501stについての質問をされたり、写真を撮るよう頼まれたりすることがあります。

  • アーマーを身に着けたトルーパーたちの目となり、耳となりましょう。
  • ブラスターやバックパックが子ども達にぶつからないように気をつけましょう。彼らは簡単に視界の悪い足元に飛び込んできます。どんなイベントでも子どもたちは大きな要ですが、ストームトルーパーが大好きな彼らは、トルーパーを目の当たりにすると大はしゃぎしてしまいます(大の大人もそういう時がありますが)
  • 写真を撮りたがっている人がいて時間に余裕がある場合は立ち止まってあげましょう。時間に余裕がない場合は、使い役を演じるなどして急いでいることを伝えましょう。
  • イベントに特定の出演時間や場所がある場合は、トルーパーを団体で行動させ、いつどこに移動させるかを明確にしておきましょう。
  • タイムキーパーとなり、トルーパーたちをスケジュールどおり行動させよう。イベントによっては、トルーパーを特定の場所に立たせるよう要望がある。もしどこか特定の場所にトルーパーを立たせる必要があるならば、周りの一般の方に丁寧に移動しなければならないことを告げ、時間に注意しながら余裕を持ってトルーパーたちを誘導するようにしよう。「もう一枚だけ!」お願いされることを考慮に入れて、時間的に余裕を持てるようにしよう。
  • 必ず休憩を取ることを忘れずに。適度な時間ごと、毎30分ごとにでも、アーマーを着用しているメンバーが大丈夫であるかをチェックしよう。親指を立てるOKサインや、近づいて「大丈夫?」と確認するようなシンプルな方法である。もしトルーパーに休憩が必要な場合は、一般の方に数分その場を離れることを丁寧に伝え、ステージ裏や控え室に誘導しよう。
  • トルーパーの見張り番やボディーガードとなって行動しよう。(ベイダーのチェストボタンを押そうとしたり、イケてるE-11ブラスターを持っていこうとしたり、サーマルデトネーターを盗もうとしたり、アーマーにシールを貼り付けようとする輩が常にいるものだ)

これがハンドラーに求められることである。彼らが来場客や子どもたちのいるところに割り込めば、来場客は向きを変えて立ち去るに違いない。避けられるならば、子どもに触れてはならないが、子どもたちと来場客の間で壁にならなければならない。

応急処置の注意

あなたは下記のような状況で医療対応を求められるでしょう。

  • あなたが苦しみを訴える個人の家族の一員であり、彼らのコンディションをよく知っている場合。そして救急処置対応に権限がある場合。
  • あなたがスキルの確かな個人である場合。例)救急/心肺蘇生法の資格証明
  • メンバーの一部は軍属の人物、警察官、消防士/救急救命士などである。彼らは確かな救護術を習得している。
  • もしあなたが救護スキルを持たない場合、負傷したメンバーに付き添い、直ちに別の現場遭遇者に助けを求めよう。
  • 落下物の拾得 / 雑役:
    • トルーピング中に落ちた様々なコスチュームパーツの拾得。
    • メンバーの財布、時計、携帯電話などの管理ケア
    • (生命維持に欠かせない)水の調達役
  • 「公式の」部隊記録撮影係として振る舞う
    • トルーピング中のショットをたくさん撮影する
    • 来場者の記念撮影を手伝う。「トルーパーと一緒に写真を撮りませんか?」
  • ドレッサー(着替え手伝い)
    • 必要ならばコスチュームの着脱を手伝う
    • 修繕キットを携行する
  • アンバサダー(部隊の交渉担当)
  • 部隊/リージョンについての質問に答える。なぜここにいるのか、など。そうすればコスチュームキャラクターは自身のキャラクターを演じることに専念できる。
  • ステッカー、テンポラリー・タトゥー、名刺、チラシなどのPR制作物を配る。

ハンドラーであることの一つの大事な部分は、手伝い役の枠を超えて、あなたはどこにいるべきか注意することです。私たちが登場するとき、コスチューム着用者は正面・中心に立つべきです。人々がカメラやビデオを撮影するとき、ハンドラーが写真に写り込まないように留意してください。グループ写真撮影はもちろん別の話です。しかし、パレード練り歩きやイベントで群衆に混ざって歩く時、あなたはコスチュームキャラクターの背後にいるべきで、誰かの撮影を妨げたり、トルーパーと民間人の服装をした人物がたむろっているところを誰かに発見させないようにしたいものです。

パレード

パレードは特殊なケースである。しばしば主催者によって、特殊なルールを設けたり、コスチュームを身に着けていないサポートメンバーの制限をすることがある。テレビで放映されるようなパレードでは、極力テレビに映らないようにトルーパーの横を歩くよう求められることもある。 パレードにおける基本的な役割はトルーパーの写真を撮り、アーマーの落下パーツ(特に手の甲のパーツやサーマルデトネーターなど)を拾うことである。トルーパーは観衆の写真撮影の要望に応えようと、歩くペースを遅らせたりするが、きちんと歩かせるようにしよう。

イベントにおける写真撮影役であった場合:

  • できる限り、イベントの概要や多くのコスチューマーを写真に収めるようにしよう。
  • 写真係が何名かいる場合は会場撮影や活動模様といったように役割分担をして撮影しよう。
  • 写真撮影スタッフに期待されることはイベントを満遍なく記録し、その写真をイベント終了後の適切な時期(1、2週間後が望ましい)に提供することである。
  • 付け加えて述べるのであれば、第一に優先すべきはコスチューマーのケアであり、写真は二の次である。

インタビュー

報道関係者や、インディペンデント・メディアのプロデューサーからインタビューされるとき、ルーカスフィルムと501stリージョンの区別をしっかりすることが重要である。通常は我々がインタビューを受け容れることは喜ばしいことではあるが、501stリージョンに無関係な話題について話すよう依頼されそうな状況にはならないように気をつけよう。

インタビューを受ける際には”マスクを外し”、我々ファンクラブのメンバーシップと、劇中のキャラクターとの区別を明確にするようにルーカスフィルムから念をおされている。例えとして、我々がメンバーとして特定の慈善団体を語るのはおかしくないが、ダース・ベイダーが、独自に好んでいる「○○への寄付」と発言するのは適切でない。

インタビューのコツ

  • ヘルメット/マスクを外す:501stのメンバーであり、名前もしくはTKIDを述べ、自身を明確にすること。
  • 論争の的になる議論を避ける:宗教や政治に関する議論はしないこと。
  • 好意的に501stを紹介すること。
  • ポジティブ/友好的に:他のコスチューミング団体やスター・ウォーズのファンクラブに関する否定的な発言はしない。
  • 自作のコスチューム:我々のコスチュームは全てファンメイドの自作であることを強調する。

トークのポイント

  • 公式には501stリージョンは1997年に発足した。
  • 現在13000人以上のメンバーが在籍している。(訳注:原文は6000人だが、年月の経過により増加している)
  • 現在世界約40カ国をカバーしている。
  • 501stは純粋にボランティア団体である。
  • 入隊方法:http://www.501st.com を参照。
  • 自分の所属部隊とその活動成果について語る。
  • 自分の所属しているデタッチメントについて語る。
  • 子供と楽しさへの言及。
  • トルーピングすることにお金は発生しない:我々のチャリティー活動や寄付金に関することを述べる。

コスチュームの手入れ

トルーピングをする前に

  • 全て梱包を解く
  • アーマー、およびハードパーツ、小道具を点検
  • アーマーの割れ、へこみ、大きな傷がないことを確認
  • ヘルメット内のファンがきちんと稼動するかを確認
  • ハードパーツに汚れがなく、磨かれているか
  • ブーツのソールが剥がれていないか、ブーツ自体が壊れていないかを点検
  • ソフトパーツの汚れや修繕を点検、アイロンやドライクリーニングにて対処する
  • 損傷部分の修理
  • グルーの再接着
  • ベルクロの交換
  • 傷のバフ掛け
  • タッチペンによる修正
  • “Magic Erasers”という商品はアーマーの小傷を消すのに適している
  • プラスチックパーツの研磨
  • 全てのパーツがパッキングされているかを事前に確認すること。転ばぬ先の杖である。

トルーピング後に

  • 全て梱包を解く
  • アーマーとアンダースーツを綺麗にする
  • Clorox Wipes または中性洗剤等を使用してアーマーの内側を拭き、完全に乾かす。カビの生えたアーマーほど悪臭を放つものはない。
  • ヘルメットスタンドやマネキンにヘルメットを保管。バッグ等に入れっぱなしにせず、必ず外気に触れさせること。
  • ベイダーのインナーレザースーツ(他キャラクターのレザースーツの場合も)を裏返しにし、ハンガーに掛け乾燥させる。"匂いがヤバイ部分"はファブリーズのような即効性スプレーや安いウォッカによって匂いを排除することができる。
  • ブーツを乾燥させるため屋外へ。乾燥やその形状を維持ために木製のブーツキーパーの購入をお勧めする。
  • 損傷部分の修理
  • グルーの再接着
  • ベルクロの交換
  • 傷のバフ掛け
  • タッチペンによる修正

リーダーシップと規律

良いリーダーシップと規律は、密接に関連している。 501stのメンバーとして、君は規則を守ることを期待される。 規則は、リージョンの草創期から現在まで、君のリーダーシップ・チームによって考えられ討議されてきた。 これらの規則はふるまい、トルーピング、コスチューム基準を含む。規律のいくつかは、単純に我々は君が良い管理とふるまいの基本を理解すると期待しているので、わざわざ書かれてはいない。

後記

[1],[2] MayoClinic.com

追加と校正は feedback@501st.com まで。

原文の最終修正日:2018年3月13日 by Rhaethe

Revised 06-13-2018 TK6904